TOEIC受験者数過去最多

1
1
サイトマップ

>
>TOEIC受験者数過去最多


先日、TOEICテストの受験者数が過去最多になったとの報道があった。

ここ最近のトーイック人気はとどまるところを知らないが、
この受験者数の増加は、
いったい何を意味するのだろうか。

TOEICテストを運営する国際ビジネスコミュニケーション協会から、
テストの2014年度受験者数が、
前年度比3万9000人増の240万人となり、過去最多を更新したとの発表があった。

また、話す、書く力を測るテスト「TOEIC S&W」の受験者数は2万4000人となり、
前年度から一挙に6割も増えたそうです。

ひと頃の英検人気のお株を奪うような、
近年のTOEICの隆盛ぶりですが、
これはビジネスにおけるグローバル化や、
企業内の英語公用化などの動きからすれば、
当然の成り行きともいえるものです。

小学校からの英語の授業が制度化され、
また、大学入試においても、
例えば、立教大学や関西学院大学が、
来春の一般入試での利用を予告していることなどを考えても、
この英語重視、トーイックテスト重視の傾向は、
これからも一層加速するものと思われます。





実用的英語の必要性を考えた場合、
こういった動きはまさに歓迎すべきものといえます。

日本における英語教育は、
これまでのところ英語のための英語教育的な面が強く出ていたところがあります。

要するに受験英語に代表されるような、
どこでこんな表現を使うのだろうかといった、
とても現実に即しているとは思えない、
「骨董品」のような英語、あるいは、
まるで「博物館行き」の英語というものが、
堂々と大手をふって教えられていた時期がありました。

多くの心ある日本人は、
このようなことを眉をひそめて、苦々しく思っていました。

ここにきて、ようやく本腰を入れて英語教育の見直しに取り組みだしたことの表れが、
小学校からの英語教育開始や、
TOEICテスト受験者数の大幅な増加といえると思います。

これからもますます重要性は増していくことでしょう。
たかが英語などといってはいられない時代が到来したのです。
いまこそ英語の時代そのものといえるでしょう。


新TOEIC TEST サラリーマン特急 満点リスニング





 

上達の3原則


発音上達


会話力・発音とリスニングの関係


語彙力を高める


究極リスニング


基本表現の重要性


基本表現


基本例文100


賢い上達法


テキスト選び


スクール


オンライン


NHK語学番組


格安個人レッスン


無料で会話


YouTubeで英語上達


英会話マスター


英検対策


英検対策教材


TOEIC対策





TOEIC対策教材


TOEIC900


英検1級合格


英検1級を決める4分間の質疑応答


受験英語で英会話


英語・英会話


TOEICテスト攻略本


TOEIC受験者数過去最多


高スコアにリスニングは必須!
新TOEIC TEST 満点リスニング



技術がものをいう高スコア!
新TOEICテスト 直前の技術



TOEICリスニング初級者の守護神!
TOEICテスト公式プラクティス
リスニング編



TOEICリーディング頂点への道!TOEICテスト公式プラクティス
リーディング編



出るものを覚えるのが鉄則!
新TOEIC TEST 出る単特急



出るものは決まっている!
新TOEIC TEST文法特急



やればやるほど慣れてくる!
TOEIC(R)テスト 究極の模試600問



初級の壁を突破する!
新TOEICテスト中学英文法で600点!



文法と語彙が明暗を分ける!
TOEIC(R)テスト 究極のゼミ Part 5&6



英会話攻略本


ビジネス英会話首位独走!
英会話ペラペラビジネス100



これだけ覚えれば相当使える!
ネイティブ英会話フレーズ集3240



ビジネス英語頂点への道!
ビジネス英語フレーズ800



日本人英語の盲点!
日本人の知らないワンランク上の
ビジネス英語術 エール大学厳選30講



英語は発音が勝負!DVD&CDでマスター
英語の発音が正しくなる本



学校英語を10日で学ぶ!
中学高校6年間の英語を
1冊で復習する



英会話ができる英作文!
どんどん話すための瞬間英作文トレーニング



世にもおもしろい英語で気分転換!


必要なものだけ覚える!
海外旅行ひとこと英会話



英語で話す日本のこと
毎日の日本 まるごとJAPAN



関連サイトリンク


リンク1


リンク3


リンク6


リンク7



メール
★を@に変えて
送信してください



プロフィール


TOEIC


TOEICテストについて


スケジュール・申込


TOEICお問い合わせ 
 
 Copyright 2010-2016 All Rights Reserved.